性教育シリーズ(5) 〜性的同意〜

性教育は子どもを守るためにも重要です。「性的同意」については近年法的な変化もあり、「知らなかった」では済まされないもの。今回はこの「性的同意」を子どもに伝えるために大事なことを解説します。
重見大介 2024.03.24
サポートメンバー限定

最近では性教育に注目が集まりつつあり、書籍やネット記事も増えてきています。でも、まだまだ「性教育って何したらいいかわからない」「自然に覚えていくものでは?」と思っている人もいるのではないでしょうか。

性教育シリーズの第5回目として、今回は自分も相手も守るために重要な「性的同意」について考えていきましょう。

***

この記事でわかること

  • 「包括的性教育」とはどういうものか

  • 「性的同意」とはどういうものか

  • 「性的同意」の重要性

  • 不同意わいせつ罪・不同意性交等罪の施行について

  • 伝えるときのポイント(1) 同意の意味を理解する

  • 伝えるときのポイント(2) 境界を意識して相互に尊重する

  • 伝えるときのポイント(3) 嫌なときは嫌だと言って良い

  • 伝えるときのポイント(4) 性行為に伴う危険性や注意点も知っておく

  • 具体的な伝え方の例

  • NGな伝え方の例

***

「包括的性教育」のおさらい

日本で多くの人がイメージする「性教育」は、「性に関する知識やスキル」として、妊娠・出産の仕組みや避妊、性感染症予防を教える(学ぶ)ことかもしれません。

しかし、「包括的性教育」はこれとは異なる概念です。国際的に広く認知・推進されている、「性に関する知識やスキルだけでなく、人権やジェンダー観、多様性、幸福を学ぶ」ための重要な概念なのです。英語ではcomprehensive sexuality education (CSE) などと表現されます。

詳細は以前の記事にまとめたので、まだ読んでないという方はぜひ先にご覧ください。

「性的同意」とは?

性的同意とは、他者と性行為する意思を明確に、自由意志で表明することを意味します。

性行為をする両者(または複数)の当事者間で合意していることが必要であり、明白な「はい(YES)」という意思表示が必須です。こうした同意は、性行為を通じて取られるコミュニケーションの一つのプロセスであるため、性行為を始める前に確認することはもちろん、始めた後にも継続的に(例えば、次はxxしてほしいけどいいかな?、xxしてみない?、など)確認する必要があります。

さらに、人が正常に同意できる状態にないとき(例えば、アルコールや薬物の影響下にある場合や、恐怖心を持っている場合など)では、たとえ「はい(YES)」と言われたとしてもきちんと同意を得たものとはみなされません。

つまり、「誰かと性行為をする際に、性的同意についてきちんと知っておかないと、自分や相手が傷つくことになり得て、それが性被害・性加害として大きな問題につながる可能性がある」ということになります。成人する頃に知ればいいもの、では全くないんですね。

なお、もし性的同意を確認しようとして断られても、それは「嫌い」ということとイコールではありません。もちろんパワハラやセクハラに該当する場合が別ですが、お互いに好きどうしでも「今はまだ同意できない」「その行為は嫌だな」ということはあります。この辺のことも、きちんと子どもに伝えておかないと良好なパートナーシップを築く上で支障をきたしてしまうかもしれないですね。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3950文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
最近の仕事内容を紹介します 〜ベンチャー企業編〜
サポートメンバー限定
妊娠中のセックス(性行為)、みんなはどのくらいしてるの?
読者限定
妊娠中のサプリメント、何が必要で何が危険?
サポートメンバー限定
"Gスポット"の真実 〜科学的に徹底解説します〜
読者限定
皆さんに知っておいてほしい産婦人科の怖い話(5) 〜卵巣出血〜
サポートメンバー限定
男性へのHPVワクチン 〜基本情報から最新論文解説まで〜
サポートメンバー限定
子宮がん検診はいつまで受ければいい? 〜子宮頸がんと子宮体がん〜
読者限定
妊娠中の皮膚トラブルを徹底解説(後編)〜妊娠線、爪・髪の変化への対処法...