子宮内システム「ミレーナ」について徹底解説! 〜使用方法、効果、注意点、費用など〜

子宮内システム「ミレーナ」というものをご存知でしょうか。月経痛や過多月経への治療効果があり、避妊もできて、毎日薬を飲む必要がないものです。今回は、この子宮内システム「ミレーナ」を徹底的に解説します。
重見大介 2024.02.06
読者限定

月経痛や過多月経があると、日々の生活が辛いし、不安も多いもの。痛み止めでは痛みが取りきれず、出血がかなり多めの場合には、セルフケアで十分な対処はできません。そんな時に、まず頭に浮かぶのは「低用量ピル」かもしれませんが、「毎日服用するのは難しそう」「タバコを吸っていると使えないと聞いた」「吐き気など副作用が心配」などの理由であまり前向きになれないという声も耳にします。

今回は、低用量ピルとは異なる月経痛や過多月経への治療法、そして避妊法としても使える子宮内システム「ミレーナ」を解説します。使用方法、効果、注意点、費用、よくあるQ&Aなどわかりやすく整理するので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

***

この記事でわかること

  • 子宮内システム「ミレーナ」の概要

  • 避妊や月経痛の治療効果が得られるメカニズム(仕組み)

  • 実際の挿入と取り外しの流れ

  • メリットとデメリット

  • 使用できない、または注意が必要な人

  • 子宮に傷が付いてしまうことはあるのか

  • 費用(自費診療の場合と保険診療の場合)

  • よくあるQ&A(妊娠予防効果、授乳中の使用、挿入中のセックス・エステ・美容、CTやMRIなどの画像検査を受けられるか)

  • マイオピニオン(私個人の考えや意見)

***

子宮内システム「ミレーナ」の概要

製造元であるバイエル社のウェブサイトを参考にすると、以下のようになります。

子宮内システム「ミレーナ」は、日本では2007年に避妊法として承認されました。黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する製品で、T字型で3〜4cm程度の大きさの医療器具です(下図参照)。子宮内システムは「IUS: Intrauterine System」のことで、基本的に「子宮内に留置することでホルモン成分を持続的に放出する製品」の意味を持っています。

Wikipediaより引用。https://en.wikipedia.org/wiki/Intrauterine_device

Wikipediaより引用。https://en.wikipedia.org/wiki/Intrauterine_device

特徴としては、

  • 経口避妊薬(OC)の避妊効果と子宮内避妊用具(IUD)の長期の避妊が可能であるという特徴を併せ持っている

  • 過多月経、月経困難症の治療効果を持っている(保険適用)

  • 一度挿入すれば最大で5年間使用可能

  • 世界約130カ国で、延べ約3,900万人の女性が使用するほど国際的には普及している

などが挙げられます。

なお、日本で使用可能な子宮内システムは「ミレーナ」のみです。
海外では他にKyleena、Skyla、 Lilettaなどの製品も販売されています。それぞれサイズやホルモン量などに違いがあります。特徴や違いを知りたい方は以下のウェブサイトをご参照ください(英語です)。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4585文字あります。
  • 避妊や月経痛の治療効果が得られるメカニズム(仕組み)
  • 実際の挿入と取り外しの流れ
  • メリットとデメリット
  • 使用できない人はいる?
  • 子宮に傷は付かないの?
  • どのくらいの費用がかかる?
  • よくあるQ&A
  • マイオピニオン(私個人の考えや意見)

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
最近の仕事内容を紹介します 〜ベンチャー企業編〜
サポートメンバー限定
妊娠中のセックス(性行為)、みんなはどのくらいしてるの?
読者限定
妊娠中のサプリメント、何が必要で何が危険?
サポートメンバー限定
"Gスポット"の真実 〜科学的に徹底解説します〜
サポートメンバー限定
性教育シリーズ(5) 〜性的同意〜
読者限定
皆さんに知っておいてほしい産婦人科の怖い話(5) 〜卵巣出血〜
サポートメンバー限定
男性へのHPVワクチン 〜基本情報から最新論文解説まで〜
サポートメンバー限定
子宮がん検診はいつまで受ければいい? 〜子宮頸がんと子宮体がん〜