低用量ピルは何歳から何歳まで使える?長期使用のデメリットは?徹底解説します!

避妊や月経痛・月経前症候群の改善効果がある低用量ピル。最近では服用している女性も少しずつ増えてきましたが、まだまだ疑問や不安をお持ちの方は少なくなようです。
今回は、よく質問いただく「低用量ピルは何歳から何歳まで使えるか」「長期使用のデメリットはあるのか」について徹底解説します。
重見大介 2023.10.11
読者限定

本ニュースレターでは、女性の健康や産婦人科医療に関わるホットトピックや社会課題、注目のサービス、テクノロジーなどについて、産婦人科医・重見大介がわかりやすく紹介・解説しています。「○○が注目されているけど、実は/正直言ってxxなんです」というような表では話しにくい本音も話します。

今回は無料登録で全文読める記事です。メールアドレスをご登録いただくだけで最後まで読むことができます。

なお、一部の記事(より専門的なもの、私自身の思いを語るものなど)は、サポートメンバー(有料登録読者)に限定してお届けします。サポートメンバー登録いただくと過去の全ての記事を読めるだけでなく、スレッドでの意見交換や、オンライン交流イベントにご参加いただけます。本ニュースレター継続の励みにもなりますので、ご登録いただけると大変嬉しいです。詳細はこちらをご覧ください。

***

この記事でわかること

  • 低用量ピルは何歳から服用できるのか

  • 身体の発達を阻害することはないのか

  • ホルモンバランスが調整されることで将来不妊になることはないのか

  • 低用量ピルは何歳まで服用できるのか

  • 長期間服用することの注意点やデメリットはあるのか

***

低用量ピルは何歳から服用できるの?

低用量ピルは、プロゲステロンとエストロゲンという2つのホルモンを含んでいる薬です。月経周期や月経に伴う症状、避妊などに役立つ手段として世界的に使用されています。その効果は月経痛の軽減、月経量の減少、月経周期の正常化、月経前症候群の改善、高い避妊効果など多岐にわたります。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2196文字あります。
  • 低用量ピルは何歳まで服用できるの?
  • 長期間服用することの注意点やデメリットはある?

すでに登録された方はこちら

提携媒体・コラボ実績

サポートメンバー限定
未来の産婦人科医療を妄想してみる(4) 〜妊娠・出産編〜
サポートメンバー限定
妊娠・出産による女性の脳の形と機能の変化とは 〜驚きの研究結果と育児へ...
読者限定
「ミニピル」ってどんな薬?通常の経口避妊薬との違いや日本の現状を解説
サポートメンバー限定
産婦人科医・宋美玄先生との対談(3) 〜過去の炎上経験とぶっちゃけ裏話...
サポートメンバー限定
SNSでの「産婦人科叩き」について思うこと
読者限定
産婦人科医・宋美玄先生との対談(2) 〜出産の保険適用化についてぶっち...
読者限定
産婦人科医・宋美玄先生との対談(1) 〜深掘り自己紹介、SRHRへの想...
サポートメンバー限定
HPVワクチンは「1回接種」でも効果があるの?これまでの研究結果を解説...